2013年06月04日

年金の受給開始が遅れる?

我々の時代はまだいいが、子供たちの世代では、老後に「ゆとり」などあるのだろうか。

政府の社会保障制度改革国民会議では、公的年金制度の課題を議論された。現在、国民年金で原則65歳となっている支給開始年齢について、早期に引き上げを検討する必要があるとの意見が大勢を占めた。清家篤会長は終了後の記者会見で、私見として「67、68歳、あるいはもう少し上の方まで引き上げていくのは、あってしかるべきではないか」との認識を示した。

支給開始年齢の引き上げは、高齢者の雇用確保対策とも関係し、準備に時間がかかるため、委員からは「できるだけ早期に議論を始めるべきだ」などの意見も出た。


【PR】ベルギー年金・・・複雑なベルギーの年金請求をお手伝いします。
posted by しろう at 07:50| 社会保障 | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

日経平均最高値またまた更新

こういう記事は明るくなりますね。
17日の東京株式市場は買いが優勢となり、日経平均株価(225種)の終値は前日比100円88銭高の1万5138円12銭と、2日ぶりに上昇した。

終値で今年の最高値を更新し、2007年12月以来、約5年5か月ぶりの水準となった。

取引開始直後は利益を確保する売り注文が先行したが、長期金利がやや低下したのを受け、低金利の恩恵を受けやすい不動産株などが買われた。政府が農業の成長力強化を打ち出すとの思惑から、農機メーカーなど農業関連銘柄も値上がりした。

市場では「安倍政権の成長戦略への期待感から、当面は株価も堅調な値動きが続く」(大手証券)との見方が出ている。



【PR】アメリカ年金・・・日米社会保障協定の解説
posted by しろう at 16:53| 経済 | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

日経平均1万4000円回復

連休明け7日の東京株式市場が凄いことになっている。午後に入っても上昇が続き、日経平均株価は午後2時15分ごろには前週末比の上げ幅が500円を超え、1万4200円に接近した。円相場も午前中に1ドル=98円台まで上げていたが、午後に入り99円台前半に値下がりしたことも買い材料となった。
アベノミクスと騒がれてはいるが年金生活者はなんとなく窮屈なんだよなぁ・・・と皆が嘆いている。


【PR】定年退職!年金生活が始まるよ!・・・団塊世代の老後生活珍道中
posted by しろう at 14:49| 経済 | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

ゆとりなどない老後生活

「ゆとり」などとは言っていられない。
今年10月から2015年4月までの間、3回に分けて年金の受給額が引き下げられる。

年金は、物価の変動を反映して受給額が変わる。物価が上がれば、その分年金も増え、下がれば減る仕組みになっている。ところが、00年度から02年度にかけて物価が下がったのにもかかわらず、受給額は据え置かれた。政府が高齢者の暮らしに配慮した措置で、現在の受給額は本来の算出額より2・5%高い水準だ。

この状況を是正するため、今年10月に1%、14年4月に1%、15年4月に0・5%、受給額がそれぞれ引き下げられる。ゆとりのある老後生活が遠のいていく。

今後2年間、物価が変わらないと仮定すると、基礎年金を満額受給している人は、月6万5541円の受給額が10月に6万4875円、14年4月に6万4200円、15年4月に6万3866円にそれぞれ減り、15年度は現在より年間2万100円の減額となる。

厚生年金はどうか。40年間会社員だった夫と専業主婦の妻という標準的な世帯では、月23万940円の受給額が10月に22万8591円、14年4月に22万6216円、15年4月に22万5040円となり、今より年間7万800円減る。


【PR】厚生年金・・・わかりやすい年金制度の解説
posted by しろう at 16:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

社会保障改革、首相、先送り論を否定

安倍晋三首相は20日午前の参院予算委員会で、社会保障制度改革に関する法制措置について「(7月に予定される)参院選後に先送りする考え方は毛頭していない」と述べ、一部にある先送り論を否定した。自民、公明、民主の3党が昨年合意した社会保障制度改革推進法は、「社会保障改革に必要な法制上の措置は1年以内」と規定し、今年8月21日までが期限になっている。
これに関連し、甘利明税と社会保障の一体改革担当相は「法制上の措置は一般的に法案提出だが、法案要綱や骨子の閣議決定など柔軟な対応も想定される」と述べ、社会保障制度改革国民会議や3党協議の進展次第では、閣議決定にとどまるとの見通しを示した。


【PR】海外進出支援奨励金・・・これから海外へ事業展開をしようとお考えの事業主のために海外進出支援奨励金が新設されました。
posted by しろう at 22:49| 社会保障 | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

13年4~9月分の公的年金、12年度と同額

厚生労働省は25日、2013年4~9月分の公的年金の支給額について、12年度と同額に据え置くと発表した。

国民年金は満額支給で月6万5541円、厚生年金は夫が平均的な賃金の会社員、妻が専業主婦のモデル世帯で月23万940円のままとなる。10月分(12月支給)からは、過去の特例措置で本来より高くなっている支給額を、3年間で2・5%減額する法律が成立したことに伴い、1%引き下げ、国民年金は666円減の月6万4875円、厚生年金は2349円減の月22万8591円となる。


【PR】老後の生活費・・・豊かな老後を過ごすには1億円必要!?
posted by しろう at 16:54| 社会保障 | 更新情報をチェックする

厚生年金基金解散資金の保険料補填認めず

厚生労働相の諮問機関、社会保障審議会厚生年金基金制度に関する専門委員会が24日開かれ、赤字基金が解散するのに必要な資金の一部を公的年金の厚生年金保険料で補填(ほてん)するとした厚労省案に対し、「公平性の観点から認められない」との意見が多数を占めた。2月1日にまとめる予定の意見書では「保険料による救済」は認めない方向となりそうだ。

厚労省は昨年11月、AIJ投資顧問による年金消失事件を受け、厚生年金基金制度を10年で全廃する案を示した。同基金は国に代わって厚生年金の資金も運用しており、解散時にはこの資金を国に返す必要がある。しかし、資金不足で解散できない基金も多いことから、同省は(1)返済額を軽減し、その分を厚生年金保険料で補填(2)減額せず返済期限(現行15年)を延長--の2案を示していた。


【PR】年金の繰り上げ支給・・・年金の繰り上げ、繰り下げ支給とは!?
posted by しろう at 16:36| 社会保障 | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

65歳までの雇用義務化 均衡取れた「雇用」「賃金」確立を

厚生年金の受給開始年齢が60歳から65歳へと引き上げられることに対応し、定年後も希望者すべての継続雇用を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が4月に施行される。60歳の定年後、無収入となる事態を避けるためだ。本格的な高齢化社会では安心して働き続けられる労働環境の整備が欠かせない。ただ、そのための原資をどう捻出するかは難しい問題だ。現役世代の負担増も含めて賃金制度を抜本的に見直そうとする企業も出ており、今春闘の論点のひとつになっている。


【PR】国民年金・・・わかりやすい国民年金法の解説
posted by しろう at 16:21| 社会保障 | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

年金手続き放置の職員を戒告処分

宮崎市は27日、国民年金の手続き処理を怠ったとして、税務部係長級の40代男性職員を同日付で戒告処分にしたと発表した。37人39件の手続きが遅れ、計7人に最大4カ月、年金の受給が遅れる影響があった。
市人事課によると、男性職員は昨年12月から6月にかけて、市民から受け取った国民年金の受給申請書類や学生の年金納付を猶予する納付特例の手続き書類を日本年金機構に提出していなかったという。8月に同僚職員が気づいて本人に確認したところ「申請が多くて放置していた」と不適正処理を認めたという。関係者には謝罪し、支給手続きなどは完了したという。
管理監督責任を問い、上司の税務部長(60)と50代の課長級職員も同日付で厳重注意処分にした。


【PR】社会保険労務士法人・・・人事、労務のスペシャリスト
posted by しろう at 23:18| 事件 | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

日本の人口自然減、過去最大の21万人に

厚生労働省が1日付で発表した2012年人口動態統計の年間推計で、死亡数から出生数を引いた「自然減」の幅が過去最大になるとみられることが分かった。少子高齢化が進む中、年金制度への懸念が改めて浮き彫りになった形だ。


【PR】社会保険労務士法人・・・人事、労務のスペシャリスト
posted by しろう at 22:07| 日記 | 更新情報をチェックする
ロングステイ・マレーシア国民年金 免除年金特別便

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。